ナースのノー残業術

長時間労働がナースを苦しめている

残業をしないで帰るためのテクニックを身につけているのがイマドキのナース

ナースを取り巻く長時間労働

ナースを取り巻く長時間労働

病院という命の現場では24時間常に必要な存在なのが、ナースです。ですが、実際にはその数が足りていないのが現状です。そのため、一人一人のナースの勤務時間は物凄く長くなってしまっているのです。当サイトは、ナースが残業をしないためのテクニックを4つのテーマに分けて紹介しています。

ナース不足

日本も少子高齢化社会となり、何処の地域へ行っても医師やナースの数が足りなくなっているのが現状です。全体の約7割の病院でナースの数が不足していると言われています。それは少子高齢化社会という以外にも、原因があるのです。ひとつは医療技術が高度になったこと。そして、利益を挙げるために入院させる患者の数を増やしている病院が増えてきて、ナースがしなければいけない仕事内容が多くなり、複雑にもなってきたことです。このようなことが要因で、資格を取得して病院などに就職をしても、退職してしまうナースが増加してきているのです。
また、最新の医療技術が変わるサイクルが早いため、一度退職してしまったナースはそれに対応する事が出来るかを不安に感じ、なかなか再就職に踏み切れないという背景もあります。

ナースの勤務時間

ナースの仕事は、病院という場所では24時間常に必要な存在です。そのため、2交代~3交代制という勤務形態に分かれている場合がほとんどです。特に多いのは、3交代制よりも2交代制の方です。では、2交代制とはどういった勤務形態なのかというと、日勤と夜勤に分けて12時間労働をするという勤務形態です。ですが、実際にはその病院の忙しい時間に合わせて勤務時間が決められていたりします。次に、3交代制というのはどういった勤務形態なのかというと、日勤と準夜勤と深夜勤に分けて8時間労働をするという勤務形態です。

当サイトの推奨閲覧環境

①ウェブブラウザ
Windows Windows Vista以降 Internet Explorer 7 以上 / Firefox 2.0 以上 / Google Chrome 1.0 以上
Macintosh Mac OS X以降 Safari 3.0 以上 / Firefox 2.0 以上
iPhone, iPad iOS5以降 Mobile Safari / Google Chrome
Anroid搭載端末 android2.1以降 標準ブラウザ / Google Chrome
②JavaScript
当サイトをより快適に利用していただくため、JavaScriptを使用しています。JavaScriptが無効な環境でも十分快適に閲覧できるように調整はしておりますが、一部コンテンツが正しく動作しない場合があります。
③SSL
お客さまが入力される名前や住所、電話番号などの個人情報を自動的に暗号化して送受信しています。送信データを第三者が傍受しても内容が盗み取られる心配はありません。

※当サイトへのお問い合わせはこちらからお願いいたします。

新人看護師は必読!

  • アサーションとは、お互いを思いやり、大切にしながら素直にコミュニケーションを交わすことです。相手に何かをお願いするときや、逆にされたときに断る場合など、相手に言いにくい場面があると思います。このような複雑な話をきちんと整理する必要があるときにDESC法を使ってセリフを準備します。DESC法とは、言うべきことをあらかじめ整理しておく方法です。ここでは、アサーションという言葉の定義についてと残業を断る技術として、DESC法について詳しくご紹介しています。

  • ナースの人材不足からくる現場へのしわ寄せとして残業があります。ですが、それが当たり前と諦めてしまってはそこで終了です。なるべく残業をしないで早く帰るコツを身につけると身につけないでは少しずつですが残業時間に差がつくことでしょう。例えば、ただ漠然と仕事をこなすのではなく優先順位をつけて計画的にこなすことも1つの方法です。ここでは、すぐにでも実践可能な残業を減らす基本的な4つの方法について詳しくご紹介しています。

  • 超多忙なナースの仕事は社会的なやりがいがえられる半面、命に関わる医療現場という責任の重圧もあるので、精神的にも肉体的にもハードな職場です。また、女性の多い職場ですので特有の人間関係やルールがあったり、辛い夜勤、病院との方針が合わないなどとストレスフルな環境で悩んでいるナースも少なくありません。人材不足が問題とされているナースは残業も多くなりがちです。ここでは、残業が多い病院の特徴について詳しくご紹介しています。