ナースのノー残業術

ナースのノー残業術を実践しよう

残業をしないで帰るためのテクニックを身につけているのがイマドキのナース

ノー残業術を実践しよう

ノー残業術を実践しよう

仕事量の多いナースは残業時間も長くなってしまうものです。ですが、それが当たり前とあきらめるのはまだ早い気がします。諦めたらそこで終わりです。残業をしないためには、いくつかのテクニックを身に付ける必要があります。勿論、命を預かる現場のナースですから、これを身につけたからといって必ずしも残業をしないで帰れるという訳ではありません。急患などの対応は絶対に必要ですから。例えば、夜勤であればできることは前倒しでどんどんとやっておくなど比較的すぐに実践可能なテクニックを、ここでは詳しくご紹介しています。

  • 早く帰るコツ

    残業している人は仕事ができるというのは、一昔前のイメージです。集中してきちっと仕事をし、早めに帰って自分の時間もとるのが賢いイマドキの女性の働き方です。ナースも女性ですので、この気持ちはあると思います。ただし、業務を順々にこなすだけの無計画な仕事の仕方をしている人が沢山います。業務に優先順位をつけて、メリハリを出すことで集中度が上がります。ここでは、すぐにでも実践可能な残業を減らす基本的な4つの方法について詳しくご紹介しています。

  • 「DESC」で業務を断ろう

    DESC法とは相手に伝えたいことを、客観的な状況、主観的な気持ち、提案、代案の4つに整理する方法です。ひとつめが、必要な問題要素を明確化すること。問題としてとりあげたい事柄は何か、それについて自分はどのように思っているのか、どのようにしてほしいのか、その結果相手から返ってくる反応を予測し、準備をどうするかといったことです。ふたつめが、こうした点について、何を伝えたいのか選択し、それを言語化しようとすること。そして最後に実際のセリフ作りとなります。ここでは、残業を断る技術として、DESC法について詳しくご紹介しています。

  • 夜勤で定時帰宅するには

    夜勤で残業しないためには、後回しをやめてイレギュラーなことにもある程度対応できるようにしておくことが必要です。そして、採血や点滴の物品準備も終わらせておくなど朝の仕事もできるだけ深夜のうちに終わらせておくと朝にやることが少なくなります。夜勤はのんびり仕事をするのではなく、後回しをやめて今できることは今やっておくことを覚えておきましょう。そうすれば、朝に少し余裕ができますので、残業せずに仕事を終わらせることができます。ここでは、夜勤で残業をしない方法について詳しくご紹介しています。

新人看護師は必読!

  • アサーションとは、お互いを思いやり、大切にしながら素直にコミュニケーションを交わすことです。相手に何かをお願いするときや、逆にされたときに断る場合など、相手に言いにくい場面があると思います。このような複雑な話をきちんと整理する必要があるときにDESC法を使ってセリフを準備します。DESC法とは、言うべきことをあらかじめ整理しておく方法です。ここでは、アサーションという言葉の定義についてと残業を断る技術として、DESC法について詳しくご紹介しています。

  • ナースの人材不足からくる現場へのしわ寄せとして残業があります。ですが、それが当たり前と諦めてしまってはそこで終了です。なるべく残業をしないで早く帰るコツを身につけると身につけないでは少しずつですが残業時間に差がつくことでしょう。例えば、ただ漠然と仕事をこなすのではなく優先順位をつけて計画的にこなすことも1つの方法です。ここでは、すぐにでも実践可能な残業を減らす基本的な4つの方法について詳しくご紹介しています。

  • 超多忙なナースの仕事は社会的なやりがいがえられる半面、命に関わる医療現場という責任の重圧もあるので、精神的にも肉体的にもハードな職場です。また、女性の多い職場ですので特有の人間関係やルールがあったり、辛い夜勤、病院との方針が合わないなどとストレスフルな環境で悩んでいるナースも少なくありません。人材不足が問題とされているナースは残業も多くなりがちです。ここでは、残業が多い病院の特徴について詳しくご紹介しています。