ナースのノー残業術

ナースの面接から内定後のステップについて

残業をしないで帰るためのテクニックを身につけているのがイマドキのナース

内定後のステップ

内定後のステップ

面接を受けてから2~3日すると、電話かメールで結果の連絡がきます。仮にそれがなくても1週間程度で何らかの連絡がきます。ここでは、内定後のステップについてご紹介します。

雇用条件の確認

内定の連絡があると、先方から具体的な給与や勤務時間などの雇用条件が提示されます。入職後に話で聞いていた内容と違う、とならないように、この時点でしっかりと目を通しておくことが大切です。もし雇用条件が届かなかったら、勤務条件などについて書面でいただいてもよろしいですか?とお願いしましょう。雇用条件を口頭でのみ告げられた場合にも必ず書面でもらうようにしましょう。書類化してもらった方が、トラブルを防止することができます。仮にトラブルになっても書類化しておけば証明になるので安心です。

内定承諾の連絡

内定通知が届いたら雇用条件を確認し、なるべく早く内定承諾の返事をすることです。病院側のことを考えて返事は1週間以内、どんなに遅くても10日以上は待たせないようにしましょう。それがマナーです。いついつまでと期限が定められている場合には、必ずそれまでに承諾の連絡をしましょう。承諾の連絡をして、病院側と書類を取り交わして初めて入職が確定します。連絡せずに保留していると、代わりの人を採用されててしまう可能性もあります。内定通知が届いたら承諾の返事はすぐにしましょう。

内定承諾書を送達して正式に内定

内定を承諾すると、正式な内定通知書と内定承諾書のフォーマットと一緒に、健康診断の案内、事前オリエンテーションのお知らせなど入職前に必要な書類が送られてきます。正式な内定通知書には、事前に確認した雇用条件が記されています。誤りがないことを最終確認した上で、内定承諾書にサインと捺印をしましょう。そして、白い封筒に入れて返送します。病院側が、これを受け取り正式に採用が決まります。病院によっては、このような内定通知書や内定承諾書を交わさずに電話の承認のみで済ます場合もあります。
また、雇用条件契約書という別の書類の記入を求められることもあります。内定承諾書は、自分の住所と氏名を黒いボールペンまたはサインペンで記入して捺印します。このときに、シャチハタは不可です。最後に書いた日付を記入します。先にもふれましたが、既に内定承諾の返事をしていても、この書類が先方に渡って正式に内定が決まりますので返送はできるだけ速やかにするようにしましょう。

新人看護師は必読!

  • アサーションとは、お互いを思いやり、大切にしながら素直にコミュニケーションを交わすことです。相手に何かをお願いするときや、逆にされたときに断る場合など、相手に言いにくい場面があると思います。このような複雑な話をきちんと整理する必要があるときにDESC法を使ってセリフを準備します。DESC法とは、言うべきことをあらかじめ整理しておく方法です。ここでは、アサーションという言葉の定義についてと残業を断る技術として、DESC法について詳しくご紹介しています。

  • ナースの人材不足からくる現場へのしわ寄せとして残業があります。ですが、それが当たり前と諦めてしまってはそこで終了です。なるべく残業をしないで早く帰るコツを身につけると身につけないでは少しずつですが残業時間に差がつくことでしょう。例えば、ただ漠然と仕事をこなすのではなく優先順位をつけて計画的にこなすことも1つの方法です。ここでは、すぐにでも実践可能な残業を減らす基本的な4つの方法について詳しくご紹介しています。

  • 超多忙なナースの仕事は社会的なやりがいがえられる半面、命に関わる医療現場という責任の重圧もあるので、精神的にも肉体的にもハードな職場です。また、女性の多い職場ですので特有の人間関係やルールがあったり、辛い夜勤、病院との方針が合わないなどとストレスフルな環境で悩んでいるナースも少なくありません。人材不足が問題とされているナースは残業も多くなりがちです。ここでは、残業が多い病院の特徴について詳しくご紹介しています。