ナースのノー残業術

ナースの残業時間はなぜ長い?

残業をしないで帰るためのテクニックを身につけているのがイマドキのナース

残業はなぜ起こるのか

残業はなぜ起こるのか

ナースは通常業務に加えて、患者さんとのコミュニケーション、医療事務など仕事量が多いことでも有名です。仕事量が増えれば、一日の勤務時間も長くなります。そして残業する時間も他業種に比べて多いことも特徴です。ナースは全国的に見ても人材不足と言われており、そんな中で夜勤などの業務をこなしているので残業時間が長くなってしまうのも当然といえば当然なのです。ここでは、ナースの残業時間が長い理由と、それにまつわる問題について詳しくご紹介しています。

  • 残業時間が長い理由

    24時間稼働している病院にとってナースは、なくてはならない存在です。ですが、年々ナースの人材不足は深刻化しています。業務内容が多い、残業が多いというのもナースが不足している理由の1つでもあります。また、ナースの仕事に残業はつきものと割り切っている人が多いのも事実です。定時がいくら17時と決まっていても、5分前に患者の容態が急変すれば、緊急処置が落ち着くまでは残る必要があります。ここでは、ナースの残業時間が長い理由について詳しくご紹介しています。

  • こんな職場は要注意

    師長などの上司や職場環境の慣習で残業を改善しようとしない、また定時で終わらせる気がない場合にはナース個人の心がけでどうにかできるものではありません。慢性的に残業ばかりの病院というのは、チームワークがなく仕事の押し付け合いになっており負のスパイラルに陥ってしまっています。明らかに病院やスタッフ個人の意識の問題の場合には、他の病院へ移ることも考えたほうが良いでしょう。ここでは、残業が多い病院の特徴について詳しくご紹介しています。

  • 注意が必要な過労死問題

    2008年に東京と大阪で若いナースが命を落としました。どちらの方も過労死です。月の残業は100時間超だったとも言われています。これを受けて日本看護師協会は二度と過労死を繰り返さない、安全で質の高い看護の提供のためにと、ナースのかえるプロジェクトを推奨しました。しかし、ナースの残業が減らないのには色々な要因があります。例えば、上司が残業をしても全て申告していないのでナースも申告することができないといったケースも1つの要因です。 ここではナースの過労死問題について詳しくご紹介しています。

新人看護師は必読!

  • アサーションとは、お互いを思いやり、大切にしながら素直にコミュニケーションを交わすことです。相手に何かをお願いするときや、逆にされたときに断る場合など、相手に言いにくい場面があると思います。このような複雑な話をきちんと整理する必要があるときにDESC法を使ってセリフを準備します。DESC法とは、言うべきことをあらかじめ整理しておく方法です。ここでは、アサーションという言葉の定義についてと残業を断る技術として、DESC法について詳しくご紹介しています。

  • ナースの人材不足からくる現場へのしわ寄せとして残業があります。ですが、それが当たり前と諦めてしまってはそこで終了です。なるべく残業をしないで早く帰るコツを身につけると身につけないでは少しずつですが残業時間に差がつくことでしょう。例えば、ただ漠然と仕事をこなすのではなく優先順位をつけて計画的にこなすことも1つの方法です。ここでは、すぐにでも実践可能な残業を減らす基本的な4つの方法について詳しくご紹介しています。

  • 超多忙なナースの仕事は社会的なやりがいがえられる半面、命に関わる医療現場という責任の重圧もあるので、精神的にも肉体的にもハードな職場です。また、女性の多い職場ですので特有の人間関係やルールがあったり、辛い夜勤、病院との方針が合わないなどとストレスフルな環境で悩んでいるナースも少なくありません。人材不足が問題とされているナースは残業も多くなりがちです。ここでは、残業が多い病院の特徴について詳しくご紹介しています。