ナースのノー残業術

ナースの残業が多い職場は注意が必要

残業をしないで帰るためのテクニックを身につけているのがイマドキのナース

こんな職場は要注意

こんな職場は要注意

同じ病院でも残業が慢性的になっている職場、そうでない職場という2パターンがあります。理由は、患者側、病院側、スタッフ側の3つに分けることができます。

残業が多い職場の特徴

患者側の理由としては、勤務終了間際に患者の容態が急変したり、入院や勤務時間目いっぱいの処置やオペ関連があります。病院側の理由としては、明らかなスタッフの不足やナースの配置問題があるでしょう。では、スタッフ側の理由というのは何でしょうか?同じ条件の病棟でも残業を限りなく減らす努力をしているところと、そうでないところがあるということなのです。

入院患者への対応次第

緊急入院をどんどん受ける病棟では、予約入院と併せると1勤務で入院が5~6人というのもおかしな話ではありません。その日の日勤のナースが、全員1人は入院を受け持つということもあります。このような場合、先に担当になってしまった方が、早く入院患者に対する指示受けや計画に手をつけることができます。もしかしたら、勤務終了時に処置を終えることもできるかもしれません。ここで差が出てくるのです。スタッフの全員が、担当はAさんだけど、全員でやった方が早いと手伝ってくれるところは、いくら勤務終了間際の入院でも最短で帰宅することができます。
逆に、私はもう一人入院とったから、Aさんお願いとなると、どうでしょう。特に午後になると、入院患者の押し付け合いになってきます。忙しいふりをして逃げる人もいます。その時間から入院の担当になると、確実に時間外になるからです。そうなると、職場全体のモラルやナース1人1人のフットワークも悪くなります。結果として看護の質など全てが落ちてくるのです。

意識の持ちようで変わる

慢性的に残業をしている部署には、もともと1人1人が定時で終わらせる気がないのです。あわよくば少し時間外をつけた方が、お小遣いになるくらいの認識を持っている場合もあります。これが最も良くありません。このような職場に入ってしまうと、自分だけが頑張って他のスタッフの手伝いをして損することになります。そこで、全員がダラダラと仕事をするようになり、悪循環が起こるのです。これを正そうと孤軍奮闘すると疲弊します。スタッフから疎まれることにもなるでしょう。打開するには病院の問題として上司が変わることです。もし本当に患者側の理由で残業が慢性的になっているのなら、自分がどこまで頑張れるのかをよく考えましょう。ですが、明らかに病院やスタッフ個人の意識の問題の場合には、早々に転職や配置転換を希望したほうが良いでしょう。

新人看護師は必読!

  • アサーションとは、お互いを思いやり、大切にしながら素直にコミュニケーションを交わすことです。相手に何かをお願いするときや、逆にされたときに断る場合など、相手に言いにくい場面があると思います。このような複雑な話をきちんと整理する必要があるときにDESC法を使ってセリフを準備します。DESC法とは、言うべきことをあらかじめ整理しておく方法です。ここでは、アサーションという言葉の定義についてと残業を断る技術として、DESC法について詳しくご紹介しています。

  • ナースの人材不足からくる現場へのしわ寄せとして残業があります。ですが、それが当たり前と諦めてしまってはそこで終了です。なるべく残業をしないで早く帰るコツを身につけると身につけないでは少しずつですが残業時間に差がつくことでしょう。例えば、ただ漠然と仕事をこなすのではなく優先順位をつけて計画的にこなすことも1つの方法です。ここでは、すぐにでも実践可能な残業を減らす基本的な4つの方法について詳しくご紹介しています。

  • 超多忙なナースの仕事は社会的なやりがいがえられる半面、命に関わる医療現場という責任の重圧もあるので、精神的にも肉体的にもハードな職場です。また、女性の多い職場ですので特有の人間関係やルールがあったり、辛い夜勤、病院との方針が合わないなどとストレスフルな環境で悩んでいるナースも少なくありません。人材不足が問題とされているナースは残業も多くなりがちです。ここでは、残業が多い病院の特徴について詳しくご紹介しています。