ナースのノー残業術

ナースの残業時間が長い理由

残業をしないで帰るためのテクニックを身につけているのがイマドキのナース

残業時間が長い理由

残業時間が長い理由

ナースは通常業務に加えて患者さんとのコミュニケーションや医療事務など、仕事量が多いことで有名です。仕事量が多いと必然的に残業時間も多くなる傾向にあります。ここではナースの残業時間が長い理由を詳しくご紹介します。

仕事が多いから残業も多い

ナースは仕事量が多く、1日の勤務時間も長い、そして残業する時間も他業種に比べて多いのも特徴の1つです。ナースの通常業務には、看護記録という仕事が含まれます。この看護記録とは、診療記録のひとつに分類されたナースの看護記録をチェックするのが目的です。内容は患者さんの情報共有をするほかに、業務上の記録、そして診療報酬や情報収集などにも利用されているので、非常に重要な書類となります。ナースの患者対応は大切な仕事のひとつですが、残業の理由としてはこれだけではありません。ナースは通常業務のほかに、研究や委員会への参加、新しい患者さんへの入院受け入れ、そして医師の指示を受けてサポートをするなど、多彩な業務があります。そんな様々な要因が重なり、残業時間の増加へと繋がっています。

業務内容が多岐にわたる

ナースの業務内容は大変なことで有名です。具体的にどのようなことが大変なのかについて見ていきます。まず第一に看護記録が上げられます。一般の方は、記録をつけるだけかと思われがちですが、実はそれだけではありません。なんと、就業時間中に記録をつけることはできないのです。看護記録をつけるのは患者さんの申し送りが終了してからというルールが大半の病院であり、ナースの苦労するポイントの1つとなっています。
次に、緊急入院など急な患者さんへの対応が上げられます。外科病棟に所属する医師は、手術や外来が終わってから患者さんへの処置を開始するのが一般的です。ナースもそれに習って残業というケースが多いのです。そして夕方には、緊急入院などの急な患者さんへの対応に追われることもあり、こうなるとナースは常に仕事に追われることになってしまうのです。終業時間帯には委員会や勉強会もあります。会議や委員会、そして緊急入院の患者さんの受け入れなど忙しい病院に勤務しているナースは残業時間がどうしても多くなってしまうのが実情です。

人員が少ない

ナースは年々人材不足が顕著になってきています。それに比例して、ナースひとり当たりの残業時間も多くなっています。この負のスパイラルから抜け出さない限り、ナースの残業時間はさらに増えていくことになるでしょう。どれだけ頑張っても努力が報われないのであれば、他の病院に移るか、転職を考えるのも1つの方法です。

新人看護師は必読!

  • アサーションとは、お互いを思いやり、大切にしながら素直にコミュニケーションを交わすことです。相手に何かをお願いするときや、逆にされたときに断る場合など、相手に言いにくい場面があると思います。このような複雑な話をきちんと整理する必要があるときにDESC法を使ってセリフを準備します。DESC法とは、言うべきことをあらかじめ整理しておく方法です。ここでは、アサーションという言葉の定義についてと残業を断る技術として、DESC法について詳しくご紹介しています。

  • ナースの人材不足からくる現場へのしわ寄せとして残業があります。ですが、それが当たり前と諦めてしまってはそこで終了です。なるべく残業をしないで早く帰るコツを身につけると身につけないでは少しずつですが残業時間に差がつくことでしょう。例えば、ただ漠然と仕事をこなすのではなく優先順位をつけて計画的にこなすことも1つの方法です。ここでは、すぐにでも実践可能な残業を減らす基本的な4つの方法について詳しくご紹介しています。

  • 超多忙なナースの仕事は社会的なやりがいがえられる半面、命に関わる医療現場という責任の重圧もあるので、精神的にも肉体的にもハードな職場です。また、女性の多い職場ですので特有の人間関係やルールがあったり、辛い夜勤、病院との方針が合わないなどとストレスフルな環境で悩んでいるナースも少なくありません。人材不足が問題とされているナースは残業も多くなりがちです。ここでは、残業が多い病院の特徴について詳しくご紹介しています。