ナースのノー残業術

二度と起こしてはならないナースの過労死

残業をしないで帰るためのテクニックを身につけているのがイマドキのナース

注意が必要な過労死問題

注意が必要な過労死問題

2008年に、2人のナースの死亡が過労死によるものであると認定されました。そのうち1人のナースは大阪府内のある病院で勤務していました。大阪高裁の判決では、月50~60時間以上の時間外労働は過労死の原因とされるとしています。この裁判では、くも膜下出血で死亡した25歳のナースの方は月に80時間以上の残業をしていたそうです。判決の決め手は25歳でのこの病気の発症例が少ないことにありました。ですが、病院側へ提出されていた残業時間は、実際の5分の1の16時間でした。残りの60時間以上は、タダ働きでサービス残業だったのです。この問題をうけ、日本看護協会は、ナースの時間外労働や夜勤などについての実態調査を実施し、過労死を二度と繰り返さない。安全で質の高い看護の提供のためにを掲げ、ナースのかえるプロジェクトを推奨したのです。

残業時間の実態は?

全国では約2万人のナースが過労死危険レベルとされる月60時間以上の時間外労働(残業や早出)をしていると推計されています。ナースの23人に1人ですので驚くべき割合ですが、現場の看護師の実感からはもっと多いはずというのが本音だと思います。年齢でみると20歳代の75%が月に35時間以上の時間外労働を強いられています。全年齢での平均は23時間ほどなのでいかに20歳代の若手にしわ寄せが来ているかが分かります。ちなみに平均で、残業時間として病院側へ申告されたのは、ほんの8.3時間です。

パワーハラスメント

中間管理職の時間外平均は28時間と多めですが、中間管理職の病棟師長や主任が率先して残業を行い、残業申告は実際の残業時間のほんの2、3割しかしない。こうなってしまうと、上司が積極的にサービス残業をやることで一般のナースは、例えば「月に10時間まではサービス残業をする」といった暗黙の了解で病院の経費削減に協力させられてしまっているのが実情です。仮に、正直に残業を申告してもまったくの合法、というか正当な権利ですので隠す必要は無いはずなのですが、残業時間が多くなることで、能力が低い、時間管理が下手というレッテルを貼られるといったパワーハラスメントが現場では起こっているのです。

健康への警報

サービス残業として実態がわからない残業時間は自分で記録をしておくしかありません。もし、その実態の残業時間が50時間以上のナースの健康シグナルは黄色です。残業時間60時間以上のナースは赤信号、そして残業時間80時間以上のナースは過労死の可能性が非常に高いといえます。もし、そういう方がいたら、残業をしない技術を身につけましょう。

新人看護師は必読!

  • アサーションとは、お互いを思いやり、大切にしながら素直にコミュニケーションを交わすことです。相手に何かをお願いするときや、逆にされたときに断る場合など、相手に言いにくい場面があると思います。このような複雑な話をきちんと整理する必要があるときにDESC法を使ってセリフを準備します。DESC法とは、言うべきことをあらかじめ整理しておく方法です。ここでは、アサーションという言葉の定義についてと残業を断る技術として、DESC法について詳しくご紹介しています。

  • ナースの人材不足からくる現場へのしわ寄せとして残業があります。ですが、それが当たり前と諦めてしまってはそこで終了です。なるべく残業をしないで早く帰るコツを身につけると身につけないでは少しずつですが残業時間に差がつくことでしょう。例えば、ただ漠然と仕事をこなすのではなく優先順位をつけて計画的にこなすことも1つの方法です。ここでは、すぐにでも実践可能な残業を減らす基本的な4つの方法について詳しくご紹介しています。

  • 超多忙なナースの仕事は社会的なやりがいがえられる半面、命に関わる医療現場という責任の重圧もあるので、精神的にも肉体的にもハードな職場です。また、女性の多い職場ですので特有の人間関係やルールがあったり、辛い夜勤、病院との方針が合わないなどとストレスフルな環境で悩んでいるナースも少なくありません。人材不足が問題とされているナースは残業も多くなりがちです。ここでは、残業が多い病院の特徴について詳しくご紹介しています。